基礎知識

害虫としての蜂

ハチは防衛本能が強く、気付かずに近づいたり巣に触れてしまった人を刺すこともある害虫です。大人ならまだしも、子供には危険がわからないので、ハチの巣を近くで見つけた時にはハチ駆除が必要となってきます。ハチには沢山の種類がありますが特に危険なのはスズメバチ、ミツバチ、アシナガバチです。攻撃性が強くハチ駆除の際にも注意が必要です。ハチ駆除にはハチに対する知識が必要不可欠です。

ハチ駆除の手順

ハチ駆除は5-7月が狙い目です。なぜかというと、女王蜂一匹が巣作りをしていて、巣自体も小さく攻撃性も少ないからです。ハチ駆除をする時にはハチの活動が落ちている時期や時間帯を見計らいましょう。ハチ駆除に必要な物は知識ばかりではありません。ハチ駆除用の白い防護服や白い手袋、ハチ駆除用のスプレーなど、準備しておくものが多くあります。ちなみに、黒色は逆にハチを刺戟してしまうので、衣服や手袋などに黒を用いるのは厳禁です。

ハチ駆除の知識

ハチ駆除をしようと思った時に気を付けなければならないのは、必要以上にハチを刺激しないということです。これはハチ駆除の時期を伺うということにも繋がりますが、ハチ駆除の際に何色の衣服・防護服を身につけるか、ハチ駆除の時に気をつける香りなどにも関係してきます。ハチ駆除を行なう時には正確な知識を身につけてから行ないましょう。危険を感じる際には専門の業者に依頼することをおすすめします。

アーカイブ